忍者ブログ
  ~ いびこと鳥さんの日常、 時々ぼやき ~
Admin*Write*Comment
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [188]  [189]  [187]  [186]  [185]  [183

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





突然のことで、きっと驚かれることと思います。

今まで何度か小さな予兆のようなものは感じていました。
でも、もう少し先のことだと信じていました。

私もまだ何をどう書けばいいのかわかりませんが、
初七日を迎え、気持ちの整理のためにここでお知らせしようと思います。


3月31日。
ぴこが13年6ヶ月の生涯を終えました。
4月2日にお葬式もすませました。

お葬式当日、ぴこはいつもと同じように1日を送り、
仕事から戻った私達と最後の食事と最後のお別れをしました。
夜7時すぎ、ペット霊園の方に連れられ
半時間後、小さなお骨となってぴこは我が家に帰ってきました。
今は、ちゅん助の隣でふたり仲良く並んでいます。

今日、4月6日は初七日にあたります。


なんともぴこらしい、泣いてばかりで見送るのは
失礼に思えるほど立派な幕の引き方でした。
ぴこと13年半一緒に過ごせたことを、心から誇りに思います。

書きたいことは山ほどあります。
でもまだ全部を書くことはできそうにありません。
まだ少しの間、自分達の心の中に大事にしまっておきたいような
そんな気持ちでいます。

時がくれば、どこかに書くと思います。
きっとそう遠くない未来に。
そのときまで、少し待っていてください。
お願いします。

身内も含め、うちの電話番号をご存知の方、申し訳ありませんが
電話ではきっと声にならないと思うので、今はご遠慮ください。
無関係な話題なら普通にできるのですが、
どうかこの件については触れないでやってください。
もう少し、あと少し待ってやってください。
どうかお願いします。


今はただ、

どこに行くにもぴこを連れ歩く必要がなくなったこと
ちょっと待っててね、と言い聞かせなくてもよくなったこと
離れてても大きな声で呼ばれなくなったこと
朝の家事をゆっくりしていてもせかされなくなくなったこと
朝寝坊しても大声で起されなくなったこと
机の上に餌の殻が散らばらなくなったこと
ティッシュでうんPを拭いて回らなくてもよくなったこと
新しいTVを怖がるぴこのための「ついたて」がいらなくなったこと
飛んで行ったぴこを追いかけなくてもよくなったこと
仕事から帰っても大声で呼ばれなくなったこと
夕飯はまだか、お腹減った、と文句を言われなくなったこと
台所の調理台がやたらと広くなったこと
夜、カゴの中をたかたかと走り回るぴこのちっちゃな足音や
プチプチとご飯を食べる音が聞こえなくなったこと
私達の「おやすみ」の言葉に「ピヨッ」と返事してくれなくなったこと

そしてなによりも、

ぴこのほわほわの柔らかくて温かい体に、もう触れることができないということ
おひさまの匂いのする後頭部に鼻をうずめることができないということ
私の手に、もう磁石のようにまとわりついてくれないこと
あの柔らかで幸せそうな微笑みを見ることができないこと

それがとても悲しいです。
それがとても寂しいです。


ぴこのことを可愛がってくださったみなさま。
本当に本当にありがとうございました。

ぴこは私達ふたりに見守られ、とても満足した穏やかな表情で旅立って逝きました。
いろんなことがあったけど、ぴこはとても幸せだったのだと心から思えます。
本当にありがとうございました。

悲しくて寂しくて日々涙は流れますが、
ぴこに恥ずかしくない生き方をしたいと思います。
泣いてばっかりの私なんて、きっとぴこは望んでいないと思うから。

どうか、一緒にぴこの旅立ちを見送ってあげてください。


満足しきって旅立ったからなのか、空耳のひとつもありゃしません。
今頃、ちゅん助と一緒にあちこち飛びまわっているのかもしれません。
たまには私のところにも遊びに来てくれるといいな。



今はふたりとも、少しぼんやりしながら日々を暮らしています。
休日は寝坊し放題なのに、何故かふたりともいつもより早く起きてしまったり、
主人とはぴことちゅん助の思い出話を、ぽつぽつとしたりもします。
あーぽんは、ぴこがいなくなったことは理解しているようです。
家の中が静かだからか、私達が沈んでいるからなのか
普段より少し大人しくしています。
私はここ数日、やるべきことがあるのは有難いなぁと思いながら
ぴこのいた場所をあちこち少しずつ片付けてみたり、
家の中の片づけの続きをしてみたり、
黙々とカウプレの景品を作ってみたりしていました。
あんなに幸せそうな顔をして旅立たれてしまっては
悲しみに暮れてばかりはいられないのです。

この別れについて後悔することはほとんどありません。
時が来て、私達は心をこめて見送ることができた、 それがすべてです。
もしかしたら、私達を少しでも悲しませないようにと考えつくされた、
ぴこの作戦勝ちなのかもしれません。

この間、ザ・タイマーズの「デイ・ドリーム・ビリーバー」を
ぼそぼそと主人が歌っているのを聞きました。
私はずっと別れた彼女のことを歌った歌だと思っていたのだけど
これは亡くなった彼女のことを歌っている歌だったのかな。
主人に聞いてみると、今回のことで私と同じように思ったそうです。
ぴこと自分達に重なって、頭の中を回っています。
http://lyric.kget.jp/lyric/oy/yr/


ぴこちゃん。
心からのありがとうを ありったけの愛をこめて
最愛のあなたへ贈ります。


ごめんなさい。コメント欄は閉じさせてくださいね。
公開でのお返事、書くのが苦手なので。

PR


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[11/14 鳥友です]
[09/07 はるみ]
[08/16 はるみ]
[02/21 はるみ]
[11/06 つめや]
プロフィール
HN:  
いびこ
HP:  
性別:  
女性
自己紹介:  
カウンタ
ブログ内検索
Copyright © いびこの日記帳 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]